平成30年度中小企業・小規模事業者等に対する働き方改革推進支援事業

宮城働き方改革推進支援センター

事業の概要

宮城働き方改革推進支援センター

宮城働き方改革推進支援センターは、働き方改革の実行に向けて、中小企業・小規模事業者等を中心に、①長時間労働の是正、②生産性の向上による賃金引上げに向けた支援、③非正規雇用労働者の処遇改善、④人材不足対応に資する技術的な相談、⑤①~④に関連する助成金の情報提供などについて、社会保険労務士等の専門家が、すべて無料で対応します。

主なメニューは以下のとおりです。

来所、電話、電子メール、FAXによる個別相談

センターに常駐する社会保険労務士が、電話等で寄せられた、長時間労働の是正や非正規労働者の処遇改善などの働き方改革に関する相談について、賃金制度の見直しや弾力的な労働時間制度の活用、労働関係助成金等の紹介など、技術的な助言・提案を行います。

企業訪問による相談

企業からの申し込みや電話等による個別相談からの引継ぎ、労働局等からの情報提供による企業を社会保険労務士等の専門家が訪問し、長時間労働の是正や非正規労働者の処遇改善など、働き方改革に関する相談について、賃金制度の見直しや弾力的な労働時間制度の活用、労働関係助成金等の紹介など、技術的な助言・提案を行います(1社3回を上限とします)。

セミナー

非正規雇用労働者の処遇改善や、時間外労働の上限規制への対応など、働き方改革に関する法制度の解説及び労務管理の手法の紹介、労働関係助成金等の活用方法について、社会保険労務士が出張し、セミナーを行います。

出張相談会

社会保険労務士がセミナー会場等へ出張し、長時間労働の是正や非正規労働者の処遇改善など、働き方改革に関する相談を行い、賃金制度の見直しや弾力的な労働時間制度の活用、労働関係助成金等の紹介など、技術的な助言・提案を行います。

※本事業は、「平成30年度中小企業・小規模事業者等に対する働き方改革推進支援事業」として、宮城県社会保険労務士会が、厚生労働省宮城労働局から受託し、運営しています。

※社会保険労務士は、労働社会保険諸法令に関する手続きなどに精通している労務管理の専門家で、国家資格者です。
なお、社会保険労務士には、社会保険労務士法により秘密を守る義務が課せられています。相談内容等についての秘密は必ず守られますので、安心してご相談ください。